読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルですこやかな暮らし

シンプルに、健やかに暮らしたい。そんな思いを持って新生活を始めました。人生の転機に、モノに対する考え方を考え直していきたいと思い、ブログに記録を残します。

引っ越し業者を決める苦悩

引っ越しが決まってすぐのころ、まだ引っ越し先も決まっていない3か月くらい前、

引っ越し業者に依頼をしたらいくらくらいかかるんだろう?と思い、

一度お引越し一括見積サイトで問い合わせをしてみることにしました。

(実家からワンルームへの引っ越しは両親と3人で済ませました)

 

問い合わせをしたのは深夜。

翌朝8時から電話が鳴り、

最初に出た電話で「今晩見積に行けますが、どうでしょうか?」・・・

 

仕事中もずっとこんな電話が続くことになり、

引っ越し業者の顧客争奪合戦のカモになった私は、

結局1週間、電話を切っていました。

 

とりあえず、引っ越し先が決まってから、引っ越し業者を決めることにし、

今度は、引っ越し1か月前、勤め先と法人契約(支払いは個人)のある大手3社に見積依頼をすることに。

 

家にも来てもらい、後日出てきたお見積もりは予想していた金額の2~3倍。

しかし「この金額じゃ無理」というと下がり、

「他社さんは~円だった」というとまた下がり、、

さらに他社を卑下しあうやりとりに、

またしてもうんざりしてしまいました。

 

そんなとき、たまたま運転中に前を走っていた地元の運送業者の引っ越しの広告を目にし、

地元の引っ越しだし、意外と安いかも?と早速見積依頼。

 

引っ越し大手と違って訪問見積を夜に対応してもらうことができなかったので、お昼に会社を抜け出し見積対応。

その場で金額をだしてくださり、他よりも安く、条件もよく、即決。

段ボールも置いて行ってくれました。

 

引っ越し当日も、作業員はアルバイトではないようで、

おじさんばかりではありましたが、予定よりはやく、さら見積に含まれていなかったものも運んでいただけて大満足。

 

皆様もぜひ、引っ越し業者を選ぶときは、テレビCMやっているような大手だけでなく、

地元の引っ越し業者も候補に入れて検討してみてください。

一つ学んだので、記事にしました。